生活習慣から低血圧を改善してみよう!

一般的には、低血圧は朝起きられなかったり、頭痛やめまいを引き起こしたりしています。低血圧の基準値は収縮期血圧(最高血圧)が100mmHg未満拡張期血圧(最低血圧)60mmHg未満を目安としています。低血圧の原因としては血液を送り出すポンプ作用が弱いことが考えられ、特に若い女性には低血圧の人が多く見られます。

高血圧とは異なり、低血圧はあまり重要視されていませんが、低血圧の症状に悩む人に対しては辛く、できれば改善したいものですね。低血圧を予防・改善するための食生活のポイントについて解説します。是非参考にしてみてください。

食生活の他にも生活習慣全体を見直し、低血圧を改善しましょう。

♣しっかり朝食を摂りましょう

ご存知のように、朝食は1日活動するためのエネルギーを補給する大切なものです。特に炭水化物を摂ることで脳にも栄養が届き、眠気や気だるさを取り除けます。

♣適度な運動を

足や手などの末梢部の血液の循環が悪くなると低血圧に傾きます。ウォーキングや階段昇降などをしてふくらはぎの筋肉を鍛え、血液の循環を良くしましょう。

♣しっかり水分補給を摂りましょう

血圧と体の中の水分量は密接に関係しています。水分補給をして5分後から血圧は上がり始めます。

♣ゆっくりと湯船に浸かりましょう

入浴して体を温めることで血行促進に繋がります。ゆっくりと湯船に浸かり、リラックスしながらストレスや疲れも一緒に撃退しましょう。

♣適度にカフェインを摂りましょう

カフェインは交感神経を刺激し血液の循環を良くする作用があります。コーヒーが苦手な人も緑茶や紅茶を是非とり入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です