低血圧の種類について

若い女性で低血圧に悩む人は多いです。高血圧のように深刻な病気を招く心配は少ないが、体がだるく、朝起きられない、気力がわかない、など日常生活を送る上で悪影響があるのも事実です。食事や日常生活を工夫すれば不快な症状を減らすことは可能です。実は低血圧は3種類あります。早漏

本態性低血圧

低血圧の中で最も多いのが、原因がよく分からない「本態性低血圧」です。多くは体質的なものですが、両親や兄弟(姉妹)に低血圧の人がいる場合には、遺伝による可能性もあります。病院では、ほかに病気の可能性がない場合に、本態性低血圧と診断されます。

起立性低血圧

ベッドから起き上がったときや、いすから立ち上がったときなどに、急にフラッとするのが「起立性低血圧」です。一般に、横になった状態から立ち上がったときに、最大血圧が20mmHg以上下がる場合に、起立性低血圧とされます。

原因として、低血圧によって脳の血液量が減少しやすいケースのほか、血圧を調節する自律神経の障害によっても起こります。そのためこのタイプは、日ごろ低血圧でない人にもみられます。シアリス

二次性低血圧(症候性低血圧)

病気や薬が原因で低血圧になるタイプです。よく知られているのは、糖尿病で血糖値コントロールがうまくいっていないときに起こりやすい起立性低血圧です。